リプロスキンと言えばニキビができた後のニキビケアとして評判の化粧水ですが、ニキビ跡も治してくれるのか?というと口コミでの評価は上々です。

 

他のニキビケア用品では治らなかったニキビ跡もリプロスキンでは治り始めた!という人がたくさんいます。しかも年代は問いません。

 

 

 

10代から上は40代過ぎまで、幅広い年代のニキビやニキビ跡のトラブルを解決してくれるのがリプロスキンなんです。

 

 

 

■ニキビ跡を治すには?

 

ニキビ跡を治すには何をしなければいけないのかというと、まずニキビ跡自体を完全に消し去ることはできません。傷ついた皮膚は決して元通りにはならないんです。


たとえて言うならば、肉や野菜を切った時に、断面をどうやってつなぎ合わせても二度とくっつくことはないのと同じです。

 

 

ではニキビ跡はどうやったら消えるのかというと、肌から追い出すんです。ニキビによって傷ついた皮膚を肌表面からはがしてしまうんです。


私たちの肌は本来であれば、常に生まれ変わりを繰り返しています。新しい皮膚が肌の内側で生まれるのと同時に、古い皮膚が肌表面からはがれているんです。

 

 

 

ニキビ跡ができている部分では、ニキビによって新陳代謝が妨げられているため、ニキビを追い出すことができなくなっているわけです。


一般的にニキビケア用品と呼ばれる化粧品には、肌の新陳代謝を活発に機能させる成分が含まれていて、リプロスキンの場合にはプラセンタが使われています。

 

プラセンタをニキビ跡ができている深さよりもさらに肌の奥へと送り届け、肌の内側から押し出していくことで、クレーターニキビ跡だって肌から消すことができるんです。

 

 

 

■アクアポリンで浸透力強化

 

ただここで一つ問題があります。それが浸透力です。私たちの肌はバリアー層に守られていて、美容成分だろうがなんだろうが、肌の内側にはそう簡単に侵入できない仕組みになっています。


リプロスキンはそこでどうしているのかというと、アクアポリンという浸透成分を使っています。アクアポリンとは、コラーゲンやセラミドと同じく、私たちの肌に元から存在する成分です。

 

 

アクアポリンと一緒に美容成分を肌に塗ることで、アクアポリンが肌になじみ、アクアポリンの内部を通して美容成分が通過することができるんです。


肌内部にさえ侵入してしまえば、肌の奥まで美容成分は簡単にしみ込んでいきますから、ニキビの裏側に回り込んで、ニキビを押し出してくれる効果が期待できます。

 

 

 

リプロスキンの口コミを見てみると、頑固なクレーターだって1ヶ月で薄くなってきた!という人もいます。極めて強力な浸透力を備えているからこそ、即効性にも優れているんです。


プラセンタにはまた、肌の潤いを高めるコラーゲンの生成も促してくれます。肌の透明感が増して肌色もうんと明るくなりますよ。

 

 

 

 

年代やニキビの状態を問わず、ニキビがなかった状態まで肌をリセットしてくれるリプロスキンの効果を割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓